オバサンだけどキレイを頑張るぞー!

キレイを諦めない!毎日1個チャレンジ♡

アイラインでいつものアイメイクを「愛されアイメイク」に変身

愛されアイメイクで得しませんか?

顔の中で一番見るところは・・・目です。
目元の印象で第一印象が決まってしまうなら、

好印象にメイクで変えてみたらどうですか?

 

好印象のイメージの代表と言えば(好みはあるとは思いますが・・・)

石原さとみさんや広瀬すずちゃんのような今どき女子。

 

アイメイクは薄めだけど、くっきりアイラインを細めに描くと、
目元がぱっちり!

 

f:id:emiru1000:20180701003714j:plain

アイラインを描くポイント

アイラインを描くところは、まつげの間を塗りつぶすようなイメージです。

まつげはよく見ると、毛が生えている位置はバラバラなので

1本線で描くことはできません。

1本線で描いているのであれば、アイラインに隙間ができているので

自然なぱっちり目には見えません。

どちらかというと、少し不自然さがでます。

 

POINT1

1回でアイラインを描こうとしない

 

POINT2

まつげの間を埋めるような感覚で描く。

まつげとまつげを少しずつ小刻みにラインを描く

 

POINT3

目頭の細部も細めのラインを引く。

目頭のまぶたを鼻の方に軽く引くと描きやすい。

 

愛されアイラインの引き方

アイラインを描いたら、目を丸くみせるようにラインを一部にたしていきます。

目の形はそれぞれなので、丸く見えそうなイメージをもって鏡を見てください。

基本は、黒目を大きく見せると丸い形のぱっちり目になります。

慣れないうちは、黒目の幅で太めのアイラインになるように描き足してください。

上下に描きます。

下のアイラインは、ぼかしたほうが自然です。

ペンシルタイプのアイライナーやパウダーで描くと自然になります。

カラーを、ブラウンからゴールドにすると目元に優しさも感じます。

           

 漆黒の色を選んでいます。

細めの筆とペンシルを選んでみました。

 

色が濃すぎる場合は、綿棒で軽くぼかす。

または、天然毛のアイラインブラシでぼかすと自然さもでます。

 

 

 

簡単そうだけど、ちょっと工夫されたアイメイクです。

 

 

次回は、なみだ袋の描き方を紹介します。

美肌づくりはスキンケア